読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

English Notes.

映画、ドラマ、本、Youtube、Podcastなどからまとめた英語と勉強方法。

Vanoss Gamingの英語。

Vanoss Gaming(VanossGaming - YouTube)とはYoutubeでゲーム実況をしているカナダ出身のYoutuber。現在1800万人の登録者数。通常はDaithi De Nogla - YouTubeH2ODelirious - YouTubeなどの複数のYoutuberとともにゲーム実況の動画を上げている。彼らの動画は比較的フランクで簡単な英語(スラング含む)が使われ、難しい単語や長いセリフがない。しかし、同時に喋ったり、独特のアクセントを使ったりするのでところどころ聞き取りづらい部分があると思う。日常会話の学習には向いていない。また英語圏の文化へのreferenceが時々登場するので、映画やドラマ、ゲームを知っているとわかるかと思います。

 

今回参考にした動画。

Gmod Prop Hunt Funny Moments - The Imaginary Roof Spot (Garry's Mod) - YouTube

COD Zombies Pokemon Edition - Lizzichu! - YouTube

Gmod Guess Who - Pokemon Edition! (Garry's Mod) - YouTube

GTA 5 Online Funny Moments - The Weenie Boys & Minigun Unlocked! - YouTube

Vanoss Gaming Funny Moments - Best Moments of 2015 (Gmod, GTA 5, Zombies, Dead Realm, & More!) - YouTube

f***などの単語は彼らの動画では頻繁に使われますが、日常生活や人前では使うべき単語ではないので気を付けましょう。下のまとめでは*マークの文章です。

 

表現と定型文一覧。

~ more to go. 残り~個。 (残りの数を示す表現)i.e."Three more to go" 残り3つ。

*holly shit  驚きを表す表現
*I can't see shit (anything) shitは、thing, anything, something, などの代わりに使われることもあります。
*piece of shit くそ野郎。
*what the fuck  驚きや感嘆を表す表現
*where the hell are ~?  hellはf***とは異なり日常的に使える、協調を表す単語として使われます。
*you fucked up やらかしたな。ちなみにmessという単語はF***の代用として日常的に使える単語です。
*you mother fucker 相手を罵倒する表現 「馬鹿野郎」
After that, その後に、
All I see is ~  ~しか見えない。
Anyone listening to me? 誰か聞いてる?
Are you guys ready to ~? ~する準備はいい? You guysとは男性、女性を問わずに複数の人物を指すときに使われる。「みんな」の意味。

Are you messing with me? からかってるの?
As soon as I ~  ~したらすぐに
At the same time  同時に
Check out the ~  ~を確認して。
Come here  こっちに来て。
Could you ~?  ~してもらってもいい?
Did you just say ~?  今~って言った?
Do you see this ~? この~見える?
Does anybody else ~?  誰かほかに~する?
Does anybody want ~? 誰か~欲しい?
Does anyone else wanna ~? 誰かほかに~したい? wannaはwant to の省略形。
Except for ~  ~を除いて 
Got him  捕まえた。倒した。発音は(がれむ)に縮められる。またgot themはgot'emと省略される。海外版のポケモンで代名詞となっているgotta catch'em allも省略の'em 

Hang on. ちょっと待って。
He's in a hurry  急いでいる。
Hold on. ちょっと待って。
How are you gonna ~  どうやって~する?
How did you ~? どうやって~した?
I am here for ~  ~しに来た。
I didn't think about that  それについては考えてなかった。
I don't think I can ~   ~できるとは思わない。
I found it  みつけた。
I gotta ~  ~しないと。got toの略。
I have no idea  全くわからない。
I heard that ~  ~って聞いた。
I just came back from ~  ~から戻ってきたところ。
I just needed to ~  ~する必要があった
I just noticed ~  今~って気づいた。
I realized ~  ~ってことに気付いた。
I saw somebody ~ing  誰かが~してたのを見た。
if you want,  もしやりたかったら、もし欲しかったら、
I'll go ~  ~しに行く。
I'm assuming ~  ~だと推測する。
I'm here to tell ~  ~って伝えに来た。
I'm pretty sure. 間違いないと思う。 
I'm stuck  (物理的に)突っかかった。 (物事の進行度が)詰まった i.e.課題や仕事が進まなくなる。
is that your -? あれって君の~?
is there anything that you ~   何か君が~するものある?
it's time to ~  ~する時間。
I've never done this before  これ今まで一度もやったことない。
Keep going. 続けて。
Let me see. 見せて。
Let me try that, それやらせて。
Look!  見て!
Looks like ~  ~みたいに見える。
Make sure to ~  確実に~するようにして。
None of us have ~  僕たちの中で誰も~を持ってない。
Obviously  明らかに
Okay, listen,  よし、聞いて、
right in front of me 僕の目の前で、

Right there そこで
Should we ~   ~したほうがいい?
That doesn't mean anything.  それは何も意味しない。
That would be the best.  それがベストかも。(仮定の話)
That's a good idea.  それはいいアイディア。
That's all I got.  それで(僕が持ってるもの)全部。
That's not it? ちがう?
That's not true  正しくない。
That's why I ~  だから~する。
The other one もう一つの方
There it is (日本語にない表現)
There you go (日本語にはない表現)
There's a lot of ~  たくさん~がある。
There's no ~   ~がない。
They just happen to be ~  (彼らは)たまたま~(しているorの状態)

This is the -est ~ I've ever ~. これは今まで~したなかで最も~。よく後ろはi've ever seenとなって、「いままで見た中で一番~」という表現に。
Wait a minute. ちょっと待って。
Wait a second. ちょっと待って。
Watch out. 気を付けて。
We gotta ~  ~しないと。
We have to ~  ~しないと。
We're almost done もう少しで終わる
What are you looking at? 何見てるの?
What are you talking about? 何の話?
What do you mean?  どういうこと?
What happened?  何が起きたの?
What if I ~  もし~だったらどうする?
What is wrong with ~?  ~はどうしたんだよ? 
What the hell is this? 一体これはなに?
What you just said is ~  たった今君が言ったことは~
What's happening? 何が起きているの?

When I was ~  僕が~だったとき、
Where (are) you at? どこにいるの?
Where are you going?  どこに向かっているの?
Who did that? 誰があれやったの?
Who wants to ~  誰が~したいの?
You got this.  (日本語には直訳できない)( 何かに挑戦しているときに)いけるぞ!
You Idiot (you + 名詞)で、「お前は~だとなる」

You see the -? ~見える?

 

かなり崩れた表現が英語が多いので、実際に使うというより参考までしておくのがいいと思います。